Top > 工法紹介
工法紹介

ボンド MGアンカーピン工法(タイル固定工法)

「ボンド MGアンカーピン工法」は、特殊アンカーピンを使用して、陶片浮きの発生している外壁タイルをコンクリート躯体に強固に固定し、タイルのはく落を防止する外壁改修工法です。MGアンカーピンとユニエポカプセルを使用することで、高品質で確実な施工を実現しています。


ボンドTS-RMグラウト工法(手すり足元部補修工法)

ボンド TS-RMグラウト工法は、手すり足元部の補修に使用することができる、エポキシ樹脂モルタル注入工法です。RMグラウトは高流動化したエポキシ樹脂モルタルで、安定した充てん接着性能を発揮します。


ボンド カーボピンネット工法(外壁はく落防止工法)

「ボンド カーボピンネット工法」は、外壁タイル・モルタルのはく落を防止し、補強するシステムです。繊維ネットとカーボンファイバー含有ポリマーセメントで壁面を一体化し、さらにステンレスアンカーピンで躯体に強固に固定することで、新規仕上げとして各種塗装はもちろんタイル張りも可能な下地を提供します。


ボンドVP工法(中性化抑制、塩害対策)

ボンドVP工法は、浸透性塗布含浸材や断面修復材を組み合わせることで、中性化・塩害・アルカリ骨材反応などによって鉄筋コンクリート構造物に生じた損傷を回復し、耐久性低下を抑制する工法です。